本日のおすすめ紹介 漫画編 【鬼門街】

本日のおすすめ紹介 漫画編 【鬼門街】

どうも、学生の頃は不良漫画が好きな厨二病だったサトミです。

不良漫画って面白いですよね。
中でも、「ヤンキー君とメガネちゃん」や「ギャングキング」が好きでした。

泥臭い喧嘩も良いですけど、特殊能力みたいな要素がある漫画ないかなぁー、と探していたら、面白いのがありました!

鬼門街

あらすじ

主人公「川嶋マサト」は、ラーメンの食べ歩きが趣味の高校二年生。

いつものようにラーメンを食べて帰ると、母親がご飯を作って待っていた。
けれども、「もう食べてきた」と言ってマサトは自室に入る。
このように母親とは、最近あまり口をきいてない。

別に母親が嫌いとか、不満があるという事じゃなくて、ちょっとした反抗期だとマサトは独白する。

マサトは善人ではない。かといって、悪人でもない。
学校での生活は可も無く不可もない。
ただ、目の前で起きているイジメには、見て見ぬ振りをする。

自分にイジメの矛先が向かないよう、大人しく生活するのがマサトの日常だった。

そんなある日、毎朝起こしてくれる母親が起こしてくれなかった。

遅刻しそうになり、母親に文句を言おうとリビングに出ると――。
母親は血塗れの死体で倒れていた。

激しい怒りと悲しみに包まれたマサト。

その日以来、マサトは無気力の生活を送り、好物のラーメンを食べても美味しくないと感じていた。

涙を流しながらラーメンを食べた帰り道、マサトは不良に絡まれカツアゲされる。
取られた金はいいから、財布の中に入ってる母親の写真を返せと抵抗するマサト。
しかし抵抗空しくも、えげつないリンチをされて瀕死の重体を負った。


死の間際、マサトは目の前に立っている「鬼」を見る――。

登場人物

川嶋マサト(かわしま まさと)

出典:永田晃一「鬼門街」

 

主人公。趣味はラーメンの食べ歩き。
小さい頃に、母親から桃太郎の絵本を読み聞かせてもらって「将来は桃太郎になって鬼をやっつける」のが夢だった。

父親は長距離トラックのドライバーで、あまり帰ってこない。
実質、母親との二人暮らし。

母親を殺され、無気力な生活を送っていた自分も不良に殺されかける。

そんな時に、「豪鬼」と名乗る鬼が目の前に現れた。
死にかけのマサトに、豪鬼が二つの選択肢を与える。

このまま黙って天国に行くか、死後は地獄に墜ちるが鬼の力を手に入れて生きるか。

マサトは魂を豪鬼に売り、鬼の力を得た。
そして、母親を殺した犯人を捜し、自分で裁きを下すと誓う。

豪鬼(ごうき)

豪鬼
出典:永田晃一「鬼門街」

マサトの前に現れた「鬼」
母親を失い、深い悲しみを持っていたマサトに近づき、死の間際に契約した。

鬼の中でも位の高い「鬼神族」という鬼。
前回は「織田信長」と契約して取り憑いていた。

鬼と契約した者は様々な力を得る。
身体能力の向上や蘇生など、人を超えた能力を扱えるが、鬼によっては取り憑かれるとその力で犯罪を犯したりする。
マサトは、母親を殺したのは鬼に取り憑かれた者だと予想し、豪鬼はマサトの目的に協力する。

豪鬼と契約し、マサトが得た力は―致命的な傷以外を治せる回復力人外染みた動体視力鬼のような怪力

まとめ

一般ピーポーだったマサトが、鬼の力を得て喧嘩の日々を送る。
最高に面白かったです。

鬼と契約した人は犯罪を起こしたりするのですが、マサトは変わらず悪を裁くために力を使っています。
といっても、マサトは善ではないです。
この漫画は、勧善懲悪ではなく、悪をもって悪を制す物語です。
まぁ、不良漫画ですからね 笑

マサトの前に次々と現れる、鬼の力をもった人達。
そして、普通の不良漫画には無い、ド派手な喧嘩。
たまらねぇぜオラァ!(突然の不良)

そんな「鬼門街」は、ヤングキングにて連載中
漫画単行本は、最新13巻まで発売されています。

僕は一巻だけ歯医者に置いてあるのを試し読みして、その帰りに最新刊まで大人買いしちゃいました!

ちなみに「鬼門街」の作者・永田晃一さんは、あの有名不良漫画「クローズ」の元アシスタントさんです。
そりゃあ面白いわけだー!

さぁ、皆さんも「鬼と契約して不良になろうよッ」

以上、サトミでした!