【デュエプレ】終わりの始まり「ブリザードデッキ」&最新版「アクアバロムデッキ」【引退者続出?】


ぶっ壊れカード実装はサービス終了を加速させる可能性大。
どうも、サトミです。

先日「第三弾」のパックがリリースされましたね。
その中で注目するのは、やはり「ボルバルザーク」でしょう。

しかし、当然の如く弱体化されていますので、あまり脅威にはなりません(10ターンまで)

「ボルバルザーク」以外にヤバいカードは無いだろう…と思っていたんですが、
弱体化されながらも元のカード効果より強くなってしまった壊れカードがありました。
それが、「ダイヤモンド・ブリザード」

スポンサーリンク

ダイヤモンド・ブリザードのデッキ構成など

上記画像を見ての通り、カード効果がバグってます。
元の効果はこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、スノーフェアリーをすべて、自分の墓地とマナゾーンから手札に戻す。
という効果でしたが、デュエプレでは修正(見方によっては強化)を受けました。

そのおかげで「ダイヤモンド・ブリザード」をずっと再利用は出来なくなりました。

序盤では、気軽に出来る手札補充。
墓地やマナが溜まってくる中盤以降は、「たった3コストで手札を大量補充&マナブースト」が脅威すぎます。

ブリザードデッキ構築

ダイヤモンド・ブリザードを主軸にしたデッキで最低限必要なのは、

・冒険妖精ポレゴン×4
・愛嬌妖精サエポヨ×4
・雪溶妖精シャーマンメリッサ×4
・ダイヤモンド・ブリザード×4

あとは、ハンデス対策に水文明のドロソを入れたり、
水文明オススメ↓
・アストラル・リーフ
・低コスト進化元(フェアリーキャンドル&エレガントランプ)
・スパイラル・ゲート

低コストで攻撃力が低いスノーフェアリー強化に、
・光器ペトローパ
を入れるのがオススメ。というか、ほぼ必須です。
更に強化した後に「ホーリースパーク」で一網打尽にしたりと。

基本的な動き

速攻デッキに分類されるので、序盤は「スノーフェアリー」を並べていきましょう。
「ダイヤモンド・ブリザード」は墓地からも回収するので、ドンドン盤面に出しても大丈夫です。

中盤以降は、ダイヤモンド・ブリザードを召喚してコチラのフィールドを整えていきます。
再び「スノーフェアリー」を大量に並べ、攻撃していきましょう。
「ペトローパ」がいれば、相手のクリーチャーを一方的に掃除するのも可能。

ハンデス対策は「アストラル・リーフ」も居れば安心。
そしてコストは高いですが、手札に引いておけば召喚される「緑神龍アーク・デラセルナ」もオススメ。


アクアバロムデッキ最新版

前回紹介した「アクアン&バロム」のデッキに入れた方がいい、オススメの第三弾カードを紹介します。

・腐敗電脳メルニア
・腐敗電脳アクアポインター
・幻槍のジルコン

・機械人形ガチャック
・ギガクローズ

 

特に、「メルニア」と「ガチャック」は相性抜群なので是非入れたい。

そして「ギガクローズ」はハンデスとして優秀、かもしれません。
サトミ自身まだ検証中なので…ですが、効果を見る限りは強力です。
コチラもターボラッシュで効果発動なので「メルニア」と相性が良いです。

上記のカードを入れるにあたり、抜く候補は
・飛行男
・ゴースト・タッチ
・ゼリー・ワーム
・悪戯人形ハロ

あたりが良いかと思います。

まとめ

現環境はもう「ダイヤモンド・ブリザード」を主軸にしたデッキが蔓延っています。
もう3回に1回くらいはミラーマッチになります。

Twitterで「ダイヤモンド・ブリザード」がトレンドになるほど、ヤバいカードです。
「もう引退する」とか「ナーフされるか次弾までログイン勢」とか言ってる人が大勢いるほど。

もし、今環境でランクマッチする人がいたら気をつけて下さいね。
ホントにそのデッキしか居ないんで。イラつくほどに。

以上、サトミでした!

4月27日追記:
暴れに暴れている「ダイヤモンド・ブリザード」がやはり問題のようで、調整が入るらしいです。
妥当ですね。

created by Rinker
エポック(EPOCH)
¥268(2020/09/26 00:42:57時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク