【ポケモン剣盾】ツボツボの型は攻撃と防御があるけど、どっちがオススメ?【育成論】


あまのじゃく&からをやぶるは気持ちいい。
どうも、サトミです。

ツボツボといえば、その固い防御で居座って「まとわりつく&どくどく」が王道ですよね。

ですが、夢特性である「あまのじゃく」を使えば…アタッカーにもなりえます。
それも…攻撃種族値が最強の「メガミュウツーX(190)」を越えて!

スポンサーリンク

ツボツボは攻撃型でも防御型でも強い!?

まず、ツボツボの種族値ですが

HP20
こうげき10
ぼうぎょ230
とくこう10
とくぼう230
すばやさ5
合計505

見ての通り、防御と特防がズバ抜けています。
ですが、攻撃力は無いも同然…。
「こうかばつぐん」の相手に「ストーンエッジ」を撃ってもビクともしないくらいに…。

ですが…ある事をすれば「防御値」がそのまま攻撃力に変わります。

ツボツボ攻撃型

特性:あまのじゃく
性格:のんき or わんぱく
努力値:HとB252
持ち物:いのちのたま or ラムのみ
技:パワートリック ストーンエッジ むしくい からをやぶる

「パワートリック」の効果で「攻撃力」と「防御力」を入れ替え、攻める型です。

すなわち…攻撃種族値が230」に変わります。
※現環境で1番攻撃種族値が高いのは「ガラルヒヒダルマ」(ダルマモード160)

しかし、あくまでも「入れ替える」なので防御値が元の攻撃値である10になります。

まぁ、とくぼうは高いままなので特殊アタッカーに対して出しましょう。

戦い方としては、味方の「トリックルーム」が必須です。

トリックルーム発動中だとツボツボが大抵の相手に先行を取れるのでダイマックスなどして一気に攻めましょう。
※パワートリックも先行になるのでタイミングには注意。

特性があまのじゃくなので「からをやぶる」してからパワートリックしてもよしです。
さらに特殊相手ならダイマックス技などを受けて反対に能力上昇を狙えます。

物理アタッカー&先行物理技に気をつければ、トリックルームが切れても戦えたりしますよ!

ツボツボ防御型

特性:がんじょう
性格:のんき or わんぱく
努力値:H252 耐久調整
持ち物:しめつけバンド
技:まとわりつく ねばねばネット どくどく アンコール

こちらは防御型…というか王道なツボツボの構成ですね。

持ち物に「しめつけバンド」があることで「まとわりつく」の威力が上昇し、これだけで半分以上削れたりします。
さらに「どくどく」もあるので、耐久を生かして相手を倒す事が可能。

そして、ツボツボをみると積み技を使って一気に倒そうとする相手が多いので「アンコール」で対処。
「ねばねばネット」で交代先のポケモンが先行を取れたりするので、撃っておきましょう。

【動画】実際に使って比べてみた


まとめ

はい。使ってみた感想としては、動画の中で理由を言っていますが…
「防御型」の方が安定感ありますね。

もう防御型の特性を「あまのじゃく」にして「からをやぶる」してれば普通に強いと思いました。
…それでも「からをやぶる」してから「パワートリック」のロマンを捨てられない!

なので、サトミはこれからも「攻撃型」を使っていきます。
以上、サトミでした!

スポンサーリンク