【2020冬アニメ】これは面白い!最終話まで見続けたいアニメ【おすすめ】


年々みるアニメが減っている。
どうも、サトミです。

今年スタートの冬アニメの多くが3話まで放送されましたね。
アニメはとりあえず3話まで見ろ」という名言がある通り、サトミは3話までみて判断しています。
(※アニメによって、その倍。6話辺りまで物語が動かない作品もあるので注意)

今回、サトミが3話まで観て「これは面白い」と思った作品をオススメ!

スポンサーリンク

2020冬 おすすめアニメ

毎回の事なんですが、新しいアニメを観るのって疲れるんですよね。
だからなのか、観るのは原作を知っているアニメが多い。

今回オススメしたいアニメは下記、

・虚構推理
・ドロへドロ
・とある科学の超電磁砲T

以上!
え、少ない?面白いと思ったのは上記の3つだけなんだから仕方ないです。

今期のアニメの中でも無難に面白く、新規の人でも楽しめる作品をチョイスしました。(とあるに関しては続編ですが・・・)

虚構推理

原作:虚構推理(講談社タイガ)
著者:城平京
アニメ製作:ブレインズ・ベース

あらすじ

主人公・岩永琴子は、病院で偶然出会った桜川九郎に一目惚れした。
それから2年後、機会を伺っていた琴子は「結婚を前提に付き合わないか」と九郎に提案する。
元カノ・紗季と別れた話を語り始めた九郎に、自身の“正体”を明かす琴子。
そんな中、琴子の元に化け狸が現れ、図書館の結界が破られたと告げて__!?

参考:アニメ公式サイト

虚構推理の魅力

タイトルに「推理」があるから推理モノなんだろうなぁ。
と思うかもしれませんが、普通の推理作品ではありません

普通の推理モノなら、トリックや真相を明らかにします。
しかし、虚構推理は「真相を明らかにするのは重要では無いです。

この作品は、真相より「どうしてこの事件が起きたのか?」という動機、それに対する辻褄の合う虚構」を組み立てる。
故に「虚構推理」なのです。

主人公でありヒロインでもある「琴子」は妖怪たちに知恵を授ける存在です。
妖怪たちが「どうしてこの事件が起きたの?」と琴子に聞き、「このような事があった」と話しますが、妖怪たちは「それでは納得出来ない」と言う事もあります。
なので琴子は相手が納得するような、架空の真相(虚構)を話すんです。

普通の推理モノでは味わえない新鮮な面白さがありますよ!

登場人物も魅力的。
中でも「岩永琴子」

彼女はもう1人の主人公である「桜川九郎」に一目惚れしますが、その様子は実にベッタリ。
見た目はお嬢様で品がありますが、発言する内容に下ネタがあったりと見た目に合わず実にアグレッシブ。

アニメは3話までプロローグです。
4話からは3話の2年後なので、そこからがスタート。

ドロへドロ

原作:ドロへドロ(小学館)
著者:林田球
アニメ製作:MAPPA

あらすじ

魔法によって顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男、カイマン。
本当の顔と記憶を取り戻すため、相棒のニカイドウと一緒に自分に魔法をかけた魔法使いを探し続ける。
いったい自分は何者なのか・・・。
真相はまだ混沌の中。それが・・・ドロへドロ!

参考:アニメ公式サイト

ドロへドロの魅力

人間が住む世界は「ホール」と呼ばれ、別の世界から「ドア」を使って「魔法使い」と呼ばれる人達がホールにやってきて人間達を「実験」しては帰って行くんですが、その実験が中々にグロテスク。

ドロへドロは日常の中でも「殺し」は軽く行われており、グロい描写が頻繁にあります。
主人公のカイマンも、とある理由で魔法使いたちを捕らえては自身の記憶などの手掛かりを聞いて、役に立たなかったら躊躇無く殺します。

物語が進む毎に、カイマンの正体が分かるんですが・・・少し複雑で分かりにくい。
でも、「あぁッ、そういう事か!」と理解した時には鳥肌モノ。

ドロへドロは2000年~2018年まで連載されていて、単行本は全23巻
アニメを観てて、「はやくカイマンの正体を知りたい」となった人は原作漫画を買うのがいいでしょう。

サトミは完結した時に大人買いしました。
スッキリとした終わり方で所謂「神作品」でしたよ。

とある科学の超電磁砲T

原作:とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(電撃コミック)
著者:鎌池和馬
アニメ製作:J.C.STAFF

あらすじ

電気を自在に操る「電撃使い」最上位の能力者にして「超電磁砲」の異名を持つ「御坂美琴」は、名門お嬢様学校:常盤台中学に通う14歳の女子中学生。
後輩で「風紀員」の白井黒子。その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。
そんな仲間達との平和で平坦で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に1度の『大覇星祭』という一大イベントが迫っていた__。

参考:アニメ公式サイト

とある科学の魅力

とある魔術の禁書目録の外伝である「とある科学の超電磁砲」
そのシリーズアニメ3期である今作。

物語の時系列としては、とある魔術の二期の裏側の物語となっています。

Twitterで分かりやすくまとめている方がいました↓

魅力はなんといっても「御坂美琴」
カッコよくて可愛い。
本編主人公が動いている裏で、どんな行動をしていたのか?を知れるので、より「とあるシリーズ」を楽しめる。

とあるシリーズの1つなので、知らない人は最初から観るのがオススメ。

サトミが今期観ているアニメの中で、唯一のラノベ枠でした。

アニメを無料でみる

今は見逃し配信などがありますが、大抵は1話前までだったりします。
さらに放送終了している「とあるシリーズ」を観るのは課金が必須。

しかし、無料で観る方法があります。

それは・・・UーNEXT

入会すれば31日間無料でアニメが見放題
見終わったら退会すれば良いので、お金は一切掛かりません。

もちろん、入会費用は0円
人気作品は当たり前のようにあるので、アニメ観るなら<U-NEXT>

まとめ

今期は不作・・・という訳じゃないです。
単に、サトミが観ると決めたアニメが少ないだけ。

(他にも「異種族レビュアーズ」という作品もオススメしたかったのですが、内容がアレなので断念・・・知りたい人は自分でググってね!)

今回紹介した作品は、原作既読済み。

新しいアニメを観て、新しい情報を頭に入れる。
というのは疲れるんですよね・・・。

昔は1クールに放送されているアニメの殆どは観ていたのに。
今となっては、数作品。

めちゃくちゃ面白い作品があれば、別なんですがね。

以上、サトミでした!

スポンサーリンク