【ポケモン剣盾】最新環境・使用率トップポケモン|キョダイマックス可能・使われなくなったアイツら


ダイマックスッ!(挨拶)
どうも、サトミです。

今年の1月に、発売から続いていたネット対戦のシリーズ1が終わり、シリーズ2が始まりました。
それに伴い、ランクもダウンします。前回の結果から、2ランクさがりますね。

他にも色々と変わりましたので、みていきましょう!

スポンサーリンク

シリーズ2で変わったこと

まずは、対戦時間です。
シリーズ1では無制限でしたが、2からは最大15分になりました。
悩みすぎると時間切れで負けてしまう恐れがありますので気をつけましょう。

そして1番変わったことは・・・、

キョダイマックスポケモンを選出可能

なんと、一部のキョダイマックスポケモンを出せることに。
選出可能のポケモンは、

・リザードン
・バタフリー
・ピカチュウ
・ニャース
・イーブイ
・カビゴン
・アーマーガア
・カジリガメ

・サダイジャ
・マルヤクデ

上記のポケモンだけ。
(サトミの秘蔵ポケモンであるゲンガーは?え、出せない?ソンナー)

比較的、入手が容易なポケモンが中心となっていますね。
(リザードンが容易かは知らないけれど・・・)

決められた10体だけ、ということらしいです。 
なら、シリーズ3になったら違うキョダイマックスポケモン10体が使えるようになるんでしょうかね?

最新ポケモン使用率

環境が変わったのか・・・と思いきや、

上位陣には変化はあまり無いようですね。
ただ、消えて行ったポケモン達は結構いるようです。

ドラパルト・ミミッキュ・ドリュウズなどのトップ3争いは変わらず、

マスターランクで見掛けることが多かった、
ガマゲロゲ・ドサイドン・ローブシンなどが本格的にランクイン。
(ポケモン実況者の影響でしょうか?)

反対に、
ガラルサニーゴ・ウオノラゴンなどの凶悪ポケモンたちが消えましたね。
ここ数日やっていてあまり見掛けないです。
(ただし、偶にみるのでヤられる事も・・・)

そして注目は「エースバーン」ですね。
夢特性でないにかかわらず、トップ10入りしそうな勢い。

ちなみにエースバーンの夢特性は「リベロ」という、「ゲッコウガ」の夢特性と同じ効果みたいです。

夢特性を得たエースバーンは果たしてどれくらい使用率ランクを上げるのか・・・。

次に流行るポケモンは?

個人的に「ガマゲロゲ」ですかね。

シリーズ1でもちょくちょく見掛けることもあり、シリーズ2では使用率30位以内に入ったポケモン。

大幅に使用率ダウンした「ドヒドイデ」よりも使われると思います。

・4倍弱点である草タイプ以外なら、ある程度耐える事は可能。
・s74の鈍足問題はダイストリームからの特性「すいすい」で解決。
・技も剣盾で追加された「パワーウィップ」「アクアブレイク」なども強い。
・物理型、特殊型と型が読みにくい。

などなど、強みが多いです。

個人的にいま使用するなら、特殊型をオススメします。

物理型だと、アーマーガアが大変ですし、シリーズ2からランクインした「エルフーン」にも苦労します。

まとめ

シリーズが更新されても、上位の使用率は変わりなかったですね。

やっぱり大幅に変わるのは、DLCが追加された時ですね。
最低でも6月末あたりまでは上位ランキングに変動はないと思います。

ガブリアスが使用可能になるのは今年の秋くらいでしたっけ?
上位にいるサザンドラなどは、せいぜい今の幸福を味わっているがいいです・・・。
(※サトミはサザンドラ絶対許さないマン)

早く追加コンテンツ来い!
以上、サトミでした。

スポンサーリンク