【ポケモン救助隊】リメイク体験版の感想【懐かしい】

【ポケモン救助隊】リメイク体験版の感想【懐かしい】


ポケモン 空の探検隊以降のシリーズはやっていない。
どうも、サトミです。

先日のポケモンダイレクトで発表されたリメイク作品『ポケモン救助隊DX』
体験版が配信されているので早速やってきました!
色々と懐かしく、新要素も追加された救助隊は楽しかったです・・・。

ポケモン救助隊DXの感想

まず、体験版は何処まで出来るのか?
救助隊を結成し、数個の依頼を解決したら終了(掲示板利用可能になってからダンジョン2回帰還?)になります。
(ダグトリオ出現まで)

時間にして1時間も掛からないくらいです。

受けられる依頼は結構あるんですが、ダンジョンに潜って帰ってくると次の日になるので気をつけましょう。
体験版ではたった数日で終了になり、ダンジョンに潜れなくなります。

リメイクで便利になった・変わった所

DS・GBAのソフトからswitchソフトになったのでドットから3D画質になり、操作性も変わりました。

ほかにも、

主人公を自由に選べる(赤青だと、性格診断リセマラが必要)
オート移動の追加(スッゴい楽。敵が近くに居ると自動的に停止)
自動攻撃(Aボタンで敵に合わせて技が出る 例:キャタピーにひのこ)
最大8匹まで連れ歩ける(体験版では出来ない)



ポケモン不思議のダンジョンは、空の探検隊以降やっていないので分かりませんが、『ポケモン不思議のダンジョン』のシステムを基準としているようです。

ダンジョン探索が楽になり、技も豊富になっているので『青、赤の救助隊』よりも遊びやすくなっています。

まとめ

ポケモン不思議のダンジョンはストーリーが涙腺崩壊モノで、今でも心に残っている作品です。
もう懐かしいBGMを聞いているだけで泣きそうでした。

今回の救助隊DXでも、主人公は変わらずヒノアラシで行きます。


昔と違って、質問の答えをネットで調べながら・・・なんて面倒くさい方法が無くなって楽でした。
そしてパートナーはイーブイ♀にしました。理由?可愛いからです。

今回の体験版のデータは本編に引き継げるので、買う予定がある人は是非やりましょう!

以上、サトミでした!