【シャドバ】ネクロデッキ構築|妖怪大戦争を繰り広げろ【最新】


デュエマで闇文明を使ってた人は殆どネクロ使ってる。
どうも、サトミです。

最新パックである「アルティメットコロシアム」がリリースされましたね。
そして同時に、スタン落ち。

ケルベロスとギルネリーゼがローテで使えなくなったのは痛いです・・・。
はたして今回は、それらに代わる強力なカードは追加されているのでしょうか?

スポンサーリンク

ネクロ妖怪大戦争の構築と動き

さっそく新カードを中心にデッキを組んでみました!
30パック開けてもネクロ以外のレジェンド1枚というハズレっぷりだったのでエーテルで生成。

かかったエーテルは約3万くらいでしたかね?
(元々セレスとか持ってない人はもう少し消費すると思う)

以下、デッキ構築()内はコスト

・(1)プリンゴースト ミヤコ ×3
・(1)百鬼夜行 ×3
・(2)魔拳法ソーラ ×3
・(2)雪女 ×3
・(3)不可侵の死霊 ヘリオ
・(3)火車 ×3
・(4)酒呑童子 ×3
・(5)永遠の花嫁 セレス ×3
・(2)ソードエンジェル エフェメラ ×3
・(2)レジェンダリースケルトン ×1
・(2)悪意の憑依 ×3
・(3)座敷童 ×3
・(4)冥守の頂点 アイシャ ×3
・(4)ドクロの霊能者 シノブ ×1
・(9)大妖狐 ギンセツ ×3

低コスト寄りのミッドレンジになっており、ドロソも百鬼夜行や火車で困る事は無いです。

このデッキのキーカードは「酒呑童子」です。

進化後効果:このバトル中 自分のリーダーは「自分のターン毎に1回、自分が{元の攻撃力か体力が1のフォロワー}をプレイした時、それは疾走を持つ」を持つ。リーダーはこの効果を重複して持たない。

マリガン(最初の手札交換)では積極的に酒呑童子を引きに行きましょう。
酒呑童子の進化が最優先です。

そしてフィニッシャーになるのは「ギンセツ」
酒呑童子の永続効果で疾走になるので、一撃で決める事も出来ます。

きちんと酒呑童子を進化させていれば「ギンセツ」だけでなく、「雪女」や「座敷童」でもフィニッシャーになり得るので、ギンセツを引けなくても大丈夫!

とにかく、酒呑童子が進化してから本番です。
以下、バトルの流れ。

序盤~ 1フォロワーを集めよう!

まず、マリガンでは酒呑童子を引きたいです。
引けなくても「百鬼夜行」「火車」辺りが居ればランダムで引けるかも知れませんのでキープしましょう。

そして進化可能になったら「酒呑童子」を即進化。

後のミヤコやシノブの為にも進化は惜しまず切りましょう。
(もちろん場合によります)

序盤では「攻撃か体力の元スタッツ1」のフォロワーを集めていくのがメインの動きです。

中盤~ 反撃開始!

優先的に出したいのは「セレス
酒呑童子の効果で疾走になりますので、セレスを進化させなくても体力3以下の敵は無傷で倒せます。

エフェメラやレジェンダリースケルトンなどの「酒呑童子の効果を受けられて、高スタッツになる」フォロワーで削っていくのも良し。

ただ、余裕があれば「永遠の誓い」を出していきたいです。

ギンセツを7ターン目で出す動きが凄く強いので。
ネクロミラーだと、この動きが大事になってくると思います)

後攻で理想の動きは、

4ターン目 酒呑童子進化
5ターン目 セレス召喚
6ターン目 永遠の誓い
7ターン目 ギンセツ召喚

終盤~ 高打点で一気にキメろ!

8~9ターン目くらいになったら、ミヤコとシノブのユニオンバーストが発動出来ると思うので、強敵の除去はソレで行きましょう。

ギンセツは勿論、ミヤコなどの「攻撃か体力の元スタッツが1」のフォロワーはフィニッシャーになるのでガンガン削っていきます。
疾走付与が出来るのは1ターンに1回なので注意)

あと、雪女は8コスで出せば「相手のフォロワーを破壊」してスタッツが+4されるので強いと思いましたね。

まとめ

酒呑童子さえ出せば、あらゆるフォロワーがフィニッシャーになる。という壊れっぷり。
ナーフが怖いですね・・・。

このデッキは使ってて隙が無いなと感じました。

除去はもちろんのこと、回復はセレスとギンセツ。
ギンセツはアクセラで出せば「守護」もイケる。

終盤に、相手のライフ20。自分のライフ8という展開がありました。
でも、ギンセツのドレインで一気に回復しながらの逆転が出来た。

結論:酒呑童子とギンセツがメチャ強い。

あっ、サトミのデッキを参考にする人は「アイシャ」を抜いて「レジェンダリースケルトン」「シノブ」あたりを増やすのも良いかもしれません。

ランクマでとりあえず20戦ほどやって13勝くらいしたんですが、レジェンダリースケルトンが輝いてましたから。

では・・・、

ネクロを使っている人は、ナーフに震えて眠れ(ガクブル)
以上、サトミでした!

スポンサーリンク