【PS+FF】ファイナルファンタジーをやりたいならPS+がおすすめな話【7~15まで出来る!】

PS+のゲームカタログに「FINAL FANTASY VII REMAKE」が追加され、新規に加入した人は多いだろう。

今回は「FF7R」をプレイして
「他のFFもやりたい。FFに興味ある」と思った人などにPS+で遊べるオススメのFFナンバリングを紹介する。

スポンサーリンク

歴代FF作品は7~12・15がプレイ可能

プレイ可能なナンバリングは、PS1で発売された7~9のリマスター版。
そしてPS2で発売された12の完全リマスター版にくわえ、最新ナンバリングである15がある。

(PS1)FF7

FF7Rを初めてプレイし、原作が気になったり先のストーリーを知りたい人はオススメ

リメイクの方は改変の可能性があるのでストーリーの流れが完全に同じといかないかもしれないが、「この部分のアレがこう変わってる」という感じに楽しめるので、リメイクをプレイ済みでもプレイ前でもオススメだ。

チート機能(公式)でサクサクプレイ

リマスター版には公式で使えるチート機能がある

チートは全部で3つ。

・移動や戦闘速度が3倍速になる
・敵とエンカウントしなくなる
・バトル中に「HP・MP・リミットが常にMAX」

使用は切り替え可能。

ストーリーだけ知りたいという人もサクサクとプレイが出来る。

(PS1)FF8&9

PS1でプレイ出来るFFに興味を持った人にオススメしたい作品。

FF8は前作の7と比べてキャラの頭身が上がり、ムービーもよりリアルに近づいた。
ストーリーは従来のFFと比べて、近未来の学園が舞台となっている。

FF7にマテリアというシステムがあるように、8にもジャンクションというシステムがある。
これはGF(召喚獣)や魔法を装備し、ステータスを上げるというモノだ。

このシステムのお陰でレベル上げはいらない、というよりも非推奨かもしれない。
何故なら、こちらのレベルに合わせて敵のレベルが設定されるので、できる限りはレベルが低いままでいきたいのだ。

FF9は原点回帰というテーマになっており、7,8と違って中世ファンタジー感が強い。
頭身は低いが、7のようにポリゴンというわけでなくアニメチックに仕上がっているのが特徴。

7ではマテリア、8ではジャンクションという自由度高めの育成があったが、逆にいえば「誰に何を装備させるのか?」という悩みもあった。
しかし9ではある程度の役割(ロール)が決まっているので、成長の方向性が分かりやすくて良い。

もちろんチート(公式)が使える

FF7と同じように8と9もチートが使用できる。

3倍速はもちろんエンカウントなし、バトルでのゲージ常にMAX。
9はダメージ常に9999とサクサクプレイ可能だ。

「過去作のFFがやりたいけどレベルとか上げる時間はなぁ」
「ストーリーだけサクッと見たい」
なんて人達も安心してプレイ出来るので、7,8,9とオススメだ。

スポンサーリンク

(PS2)FF10&10-2

FF7Rで初めてFFに興味を持った人や、FF自体が初めてという人にオススメしたい作品。

「FFといえば?」
と聞かれたら必ずと言っていいほど上位に挙がる作品であり、最近もなにかとティーダのち…で話題になっていた人気作なのでそれで興味を持った人もいるだろう。

PS2で発売された作品ということだけあり、画質はもちろん綺麗。
しかも現在配信されているのはHDリマスターなので、2001年に発売されたソフトと思えないほどになっている。

10のシステムは従来のATBと違って、CTB(カウントタイムバトル)となっている。


次に誰が行動するのか? この行動で順番がどう変わるのか?
と一目で分かるので、落ち着いて戦略が立てやすいのが特徴。

続編である10-2の方はATBシステムに戻っているので、ATBが恋しい人も安心してほしい。

(PS2)FF12

従来と違ったFFをやってみたいという人にオススメ。

戦闘システムが過去作と比べかなり変わっている。
ADB(アクティブディメンションバトル)と呼ばれるモノになっており、フィールドに彷徨いているモンスターに近づくとシームレスに戦闘へ移る。

戦闘が始まるとコマンドを入力し、あとは自動で戦ってくれる便利なシステムだ。

しかし自動で戦ってくれるようにするには「ガンビット」というシステムを組まなければならない。

これは難しいところがあるので、ちゃんと使ってみたい人はネットで検索してみるのが良いだろう。

FF12は街やフィールドの感覚がMMO、いわゆるオンラインゲームのような雰囲気になっていて個人的に好きだ。
しかしストーリーの評価としては、あまり好きではない。
特に主人公の扱いとか。

ライト層よりかは、FFが好きでかつマニア向けな作品といえるだろう。
7~9と違って戦闘のチートは無いが、移動などの速度が4倍になるので一応はサクサクとプレイできる。

スポンサーリンク

(PS4)FF15

単純に最新作がやりたい人にオススメの作品。

配信されているのはFF15の完全版なので、ダウンロードコンテンツであるストーリーや武器なども入っている

評価としては賛否両論が激しく、ストーリーについては中盤辺りから微妙なものになってくると感じた。
しかしバトルやオープンワールドを活かしての自由な探索は楽しい

なのでストーリーにさえ目を瞑れば、面白い作品だ。

戦闘システムは従来と違って完全なアクションとなっている。

アクションが苦手でも難易度と最強武器で解決

敵によって有効な武器に切り替えたり、きちんとガードをしたり、シフトと呼ばれる瞬間移動で攻めたり逃げたりとかなり本格的なアクションなので難しく思うかもしれない。

だが今作には難易度イージーがあるので、アクションが苦手ならそちらを選択しよう。

そしてダウンロードコンテンツで入手できる武器「ブーストソード」を装備すればいい。

ブーストソードはシフトブレイクと呼ばれるアクションをすると、かなりの倍率でダメージを与える事ができる武器だ。

中盤辺りからダメージカンストは容易いので、DLCで戦えるFFの定番エネミー「オメガ」を除けば詰まる事はないだろう。

DLCが反映されない場合

FF15ロイヤルエディション(完全版)をダウンロードしても、DLCが反映されないという声がチラホラある。
実際に筆者も最初は反映されず困っていたので、解決方法を紹介する。

1,ゲームをアンインストールする

2,ライブラリーの購入したコンテンツへ移動

3,FF15を探してダウンロードを選択

4,すると下記画像の画面になるので、何も選択せずダウンロード

5,その後、この画面からPSストアに移動して「あなたの追加アイテム」を選択

6,そしてここから欲しいコンテンツをダウンロードしよう

ゲームを起動するとDLCが反映されたと表示され、各キャラのエピソードも遊べるようになっている。

まとめ

新プランのPS+に加入すると最新のFF7リメイクだけでなく、過去作の7~12・15が遊べるのはかなりお得だ。

遊べるプランはエクストラとプレミアムの2つ。

・エクストラが1ヶ月「1300円」
・プレミアムが1ヶ月「1550円」
となっている。

今回紹介したFFだけならエクストラプランでも充分だが、プレミアムの方だとPS1~PS3,PSPなどの旧タイトルも遊べるのでFF以外にもたくさんプレイしたいならこちらもオススメ。

以上。

スポンサーリンク