注目キーワード
  1. テイルズ
  2. FGO

【テイルズオブアライズ】最強キャラは誰?初心者から上級者まで個別評価【おすすめ操作】

トロコンしたのでやることが無く、難易度カオスで適当な敵を倒す日々になった。

必然、操作キャラに飽きてくるので1戦毎に変えて戦っている。
そうすると、キャラに対する評価が見えてきた。

なので今回は「個人的に最強なキャラ」&「操作しやすいキャラ」を解説していく。

スポンサーリンク

最強キャラは誰?

結論からいうと
リンウェル」だ。

 

仲間入り直後は正直微妙だが、スキルで術詠唱の短縮など覚えてくると圧倒的に強くなる。

何故なら、メテオスォームなど強力な術を短い間隔で連発できる。
更には敵ごとに違う弱点を狙って撃てるのだ。

リンウェルの強い部分を箇条書きしていくと

・術の詠唱が極端に短い
・弱点のカバー範囲が広い
・後衛なので離れた所から安全に攻められる

そしてリンウェルは近接でも強い。
主には地上技の「雷陣」など。

前衛、後衛問わず。
まさに最強だろう。

次に、初心者から上級者で扱いやすさが違うキャラを紹介する。
(ちなみにリンウェルは中級者)

スポンサーリンク

初心者で扱いやすいキャラ

これはまず「アルフェン」だ。

主人公であり、殆どのプレイヤーが長い時間操作しているキャラだろう。

近接担当であり、いずれの地上&空中技はクセがなく扱いやすい。

唯一のクセといえば、自分のHPを消費する「フラムエッジ」。
だがこれは終盤あたりになると強力な技となる。

フラムエッジ関連のスキルを全部取れば、雑魚は一撃。
ボスでも大幅に削れる主力となる。

アクセサリの属性アップ、アーティファクトの敵味方ダメージアップを組み合わせると「一撃の重さは全キャラでトップ」となる。

フラムエッジ技でオススメなのは
ブーストストライクでの短いダウン時に「覇道封滅」。
コアブレイクなどで長めのダウンは「剛華爆炎陣」。

次に使いやすいのは「キサラ」だろう。

パーティーの中で唯一、回避ではなく「ガード」となる。
敵の動きを見極めてジャスト回避、が難しい人にとって使いやすいはずだ。

とにかくガード関連のスキルを取っていれば問題ない。

ガードしながら動き、敵が止まったら「獅子穿孔」などで反撃すればいいので戦闘不能率が1番低い。
なので速度を求めず、安定的にクリアしたいならオススメのキャラだ。

スポンサーリンク

中級者でオススメのキャラ

最強キャラでもリンウェルはこの位置だ。
そして、その次にオススメなのは「シオン」。

シオンの強みは「追尾弾」
近接キャラが扱いにくいと思ってる人は追尾弾があるスキルを使えばいい。

離れた所から敵を追尾して攻撃してくれるのでアクションが苦手な人向けだ

しかし、ポジション的に「ヒーラー」でもあるのでキチンと状況をみて味方を回復しなければいけない時もある。
なので評価は「中級者向け」とした。

上級者だと強いキャラ

これは圧倒的に「ロウ」だ。

攻撃の威力、手数は優秀だが「耐久が紙」。
その代わりキャラ内で元の「貫通力」がトップなので敵のブレイクを誘発しやすい。

加えて貫通力は「クリティカル率」も上昇するので、高い威力でコンボが出来る。

そしてロウの固有特性である「アウェイクニング」の効果で「属性&攻撃力、クリ率、威力」が強化されるので貫通系のアクセサリを組み合わせて爽快な戦闘にできる。

このように高威力のコンボを打ち込めるキャラであるが耐久が紙。
更にはジャスト回避緩和がないので「上級者向け」とした。

スポンサーリンク

テュオハリムはどうなの?

テュオハリムの扱いやすさを評価するなら「中級者~上級者」の間だろう。
だが、全キャラ中で1番使いにくいという位置だ。

何故なら他のキャラで補えるものが殆どだから。
空中技がメインの攻撃方法とはいえ

棒術=近接ならアルフェンでいい。
魔撃=術ならリンウェルでいい。
回復=シオンでいい。

テュオハリムの固有特性はジャスト回避で発動する「ロッドエクステンション」がある。
スキルでジャスト回避緩和があるので発動自体はしやすいが、それもロウのアウェイクニングの方が強い
一応、武器が伸びて攻撃範囲が広がるが…地味だ。

唯一の使い所は回復のサブ要員だろう。

シオンと唯一の差別化である「リジェネ」がある。
なので操作をシオンにして回復が疎かになる場合などでパーティーインの可能性はあるだろう。

まとめ

ストーリー完走まではアルフェンしか操作していなかったため、クリア後に他のキャラを使ってみたら楽しかった。

特にキサラはガードで戦うので、モンハンをランスでやるボクとしてはかなり身に合っていた。
なのでストーリー攻略中に使っていればもっと楽しめたのと後悔。

やはりこういうゲームは様々なキャラを操作してこそ、と改めて思った。

以上。

スポンサーリンク