本日のおすすめ紹介 ラノベ編【ヴァンパイア・サマータイム】

 

青春ラブコメといえば、もどかしいモノ。
「お前ら早くくっつけよ!」と読んでて叫んでしまう。
だけども、そのもどかしさを凄く楽しめる作品があります。

ヴァンパイア・サマータイム

あらすじ

吸血鬼が地球の人口の半分を占めている世界。
この世界は、昼と夜を人間と分け合っていた。

主人公「山森頼雅」は、両親が営むコンビニを手伝う高校生。

夕方を迎えると、同じ学校に通う少女が紅茶を買っていく。
それを冷蔵庫の裏から眺めるのが、彼の日課であった。

ある日、その少女「冴原綾萌」と出会い、吸血鬼も自分と同じ普通の高校生だと知っていく。

徐々に惹かれ合う二人だが、隔離された時間が彼らを悩ませる――。


登場人物

山森頼雅(やまもり よりまさ)/ヨリマサ

主人公。親が営んでいるコンビニでバイトしている。
偶然が重なって冴原綾萌と出会い、惹かれていく。

昼夜逆転気味な生活をしている自堕落な性格で、澄ました顔の裏では結構エロい事を考えている。

冴原綾萌(さえはら あやめ)

ヒロイン。吸血鬼で夜間部に通っている高校生。
吸血鬼なので夜目がきき、いつも冷蔵庫の裏に居たヨリマサが気になっていた。

ヨリマサの事は、別に格好良くない雰囲気が暗い男子と思っている。
しかしヨリマサの血を、抱きしめて体温を感じながら吸いたいと考えている。

学校で起こる事件などを解決していく内に、ヨリマサに惹かれていく。


まとめ

この作品の世界は日本ですが、吸血鬼が存在しています。
吸血鬼はイメージ通りに太陽に弱く、輸血パックを飲んだりしますが、基本的に人間と同じ物を食べたり、同じ文化で生活しています。

そして、学校は人間が通う「昼間部」と、吸血鬼が通う「夜間部」に分かれていて、同じ教室を使うシステムなので、人間と吸血鬼が出会う事はあまり無いんです。

よくある異種族間の恋愛ですが、主人公とヒロインの視点が行ったり来たりして、同じシーンなのに違う思考をしている事に笑ったり泣いたりも。

胸焼け注意のゲロアマな場面がいっぱいですが、やはり異種族なので色々と誤解したりします。
ですが、それを乗り越えての更に特大なゲロアマにはブラックコーヒーを飲みたくなる笑

最後は読者にとって、バッドエンドかハッピーエンドなのか異なると思います。

でも、きっと涙は流れ出るでしょう。
僕は、読んでて「ロミオとジュリエット」が脳裏に浮かびました。

そんな淡い恋愛作品「ヴァンパイア・サマータイム」は1巻完結です。
是非、読んでみては如何でしょうか。

以上、サトミでした。