【PSO2】ストーリー完結したから感想と思い出&新作のpso2ngsへの思い【ネタバレ注意】

なんだかんだPSO2は面白かった。
どうも、サトミです!

ついにPSO2のメインストーリーが完結してしまいました。
最終章であるEP6は色々とツッコミ所はあると思いますが、「長い間続いた物語が終わる」
というのは、感慨深いものがあります。

今回の記事はファンタシースターシリーズで1番長く遊んできた作品「PSO2」の感想と思い出を綴っていこうと思います。
(プレイ時間はエンジョイ勢なので1700時間ちょっと)

スポンサーリンク

PSO2自体の感想&思い出

サトミが初めて「PSO2」を遊んだのは、もう遠い過去である(言うほど遠くないけど)学生時代の事でした。
元々ファンタシースターシリーズ、特にユニバースシリーズが大好きなので、何百時間と遊んでいたんです。
(PS2ソフトのユニバースから始まりPSPのインフィニティまで)

しかし、だんだんと飽きてきて、ゲームキューブの「ファンタシースターオンライン」を引っ張りだし、友人と遊んでいた時に知りました。

そういやさぁ、オンラインの新作が出るって知ってる?

衝撃でした。
けれど、同時にファンタシースターシリーズに飽きてきた頃でした。
なのでサトミはこう言いました、

ふーん。あんまし興味ないかな。今はギャルゲやりたい気分

愚かな選択です
時を戻せるなら、昔の自分を引っぱたきたい。

PSO2のサービスが開始した事を知らず、のほほんと過ごしていた日々。
無駄な日々でした。

そして、サトミがPSO2と向き合ったのはEP3が中盤に差し掛かった頃です。
きっかけは、ウェブで観たEP3のPVでした。

今でも覚えています。
ジェットブーツで自由に跳びながら敵へ向かう映像を。
そう、ジェットブーツが衝撃だったんです。

「なんだ、これは。こんな装備しらない!遊んでみたい!」

こうして、サトミはPSO2へとのめり込んでいきました。

EP1~3の感想&思い出

前述のとおり、サトミがPSO2を開始したタイミングはエピソード3が配信された時です。
そして、きっかけはジェットブーツだったとも。
けれど、結論から言います。

なんか思ってたのと違う

そう、ジェットブーツの操作感が思っていたのと全然違うのです。
想像の中では、もっと自由に空を駆けて、蝶のように舞い蜂のように刺す。
なのに、実際はそんな事なかった。
なんだこのモッサリ感。やってられん。

すぐにモチベーションが下がりました。
最初が100なら、40くらいになりました。

でも、すぐに60くらいに戻りました。
理由は、クーナのライブとストーリーです。

当時のサトミとしては、ライブが凄く新鮮で画期的でした。
同じ時間、同じシップ、同じエリアに人が集まり、キャラクターが歌って踊るのを眺める。
これは非常に感動しました。

まるでホンモノのライブ会場に居るかのように、チャットが飛び交う様は今でも脳裏に焼き付いています。
そういえば、初めてゲームのキャラソンを買ったのはPSO2でしたね。

スポンサーリンク

そして、ストーリー。
ちょっと分かりづらいストーリーでしたが、普通に面白い所もあって楽しめていたんです。
それに、遊ぶタイミングは少し遅かったものの、お陰でストーリーの一区切りであるEP1~3が一気にプレイ出来たのが大きいです。
なので、モチベが戻りました。

ストーリーとして思い出深いのは、2&3ですね。
サトミは、主人公が仲間から敵扱いされて窮地に陥るのが好きなので2は最高でしたし、3は主人公の可能性の1つであるダークファルス仮面がカッコよかったです。

1はよく理解出来ませんでした。
クーナのエピソードは感動モノでしたが、それだけです。

けれど、この頃はマターボードという非常に面倒くさいシステムがあったので、全体的には評価は低いです。

なにはともあれ。
ナベチ(惑星ナベリウスのアルティメットクエスト)周回はとてもいい思い出です(白目)

EP4の感想&思い出

引退してました。
もう一度言います。引退してました!

理由は2つです。
1つは、単純にパソコンの調子が悪くてプレイ出来てなかった事。
もう1つは、PS4に夢中だったんです。

PS4は発売日に買わず、人生で1番好きなゲームである「ペルソナ」が発売されてから買ったんです。

なので、買ったばかりのPS4に夢中でした。

しかし…そう、来てしまったんです。

PS4にPSO2が。

サトミは悟りました。
あぁ、戻ってこいという事なんだな、と。

そして、満を持して復帰したのです。

スポンサーリンク

久しぶりに戻って来たPSO2はストーリーとサトミがリンクしてました。
物語の中では、主人公が約2年コールドスリープ。
PSO2から離れていたサトミは親近感が湧いていたのです。ゲームの中のsatomiに。

個人的には、EP4のストーリーはあまり好きではありません。
ストーリーを軽く説明するなら、

「地球ではPSO2というゲームが流行ってて、皆がプレイしてる。けれど、そのゲームは実際に主人公達がいる惑星オラクルと繋がっていた!?」

みたいな感じだったと思います。
それは別に良いんですよ。けど、納得いかないのは主人公の立ち位置です。
前EPのように、主人公が中心。ではなく、ヒツギという少女がメイン扱いだったんです。

まぁ、ヒツギの声優さんは好きな声優さんでしたし、強い設定である主人公の扱いに困ったんだろうなぁ。
とか思ってたんで、結果的には良いかなって。

でも、全体を通してEP4のストーリーはやっぱり好きじゃないです。
ごめんなさい。

そして、この頃の思い出と言えば、コレクトシートですね。
ただ緊急クエストを複数回行くだけで、レア度13の武器が貰えるのは衝撃でした。
なので、メチャクチャ大和を殴りに行ってた記憶があります。

EP5の感想&思い出

この辺りはもう働いていたので、ガッツリとはプレイしていません。
チョロッとログインしてデイリーを回し、ストーリーが更新されていたら観る。
そんな感じのエンジョイ勢でした。

なので、正直EP5に関してはあまり思い出はありません。
強いて言えば、ストラトスちゃんサイコーという事です。
カワイイは正義!

EP6の感想&思い出

短い期間でしたが、何度目かの引退をしてました。
噂では新クラスが追加されたと聞いてましたが、仕事が忙しくてログインすらも出来てませんでした。

けれど、転機はありました。
ゲーム実況です。

友人が「仕事終わりにゲーム実況するの楽しい
と言っていたのを聞いて、なら自分もやってみようと思ったんです。

そして、その時のPSO2をググってみれば、エキスパートの新たな条件に、厳しいクエストをクリアする必要があると知り…、

復帰勢がエキスパクリアを目指して独極クリアする枠

というタイトルで始めました。

結果を言えば、合計時間にして約3日程でクリアしました。
嬉しい事に、観てくださり、コメントで攻略や励ましをいただき、とても充実した日々でした。

そこで出会った人とフレンドになったり、同じチームに入れてもらったり。

EP3でやり込んでた時期と同じくらい、PSO2に熱中してました。

スポンサーリンク

ストーリーとしては、まあ、うん。って感じです。
PSO2集大成という事で、全EPを通して最大の敵だった【深淵なる闇】との決着。そして本当の敵である【原初の闇】

各EPのヒロインと力を合わせてハッピーエンド。
1.2.3「マトイ」
4「ヒツギ」
5「ハリエット」

大団円、だったんでしょうね。
けれど、それぞれのキャラクターの出番がイマイチでした。
主人公の中に居たダークファルス達も、仮面を除いて一言も喋らず退去。
せめて一言くらいは、何か言って欲しかった。

ゲームをクリアした時の
満足と共に訪れる寂しさ」は感じられず、
ただの寂しさを感じました。

最終決戦のヒロイン達の変身(笑)も何かアレで苦笑いしてしまいましたし、「コレが最終章って…」という怒りと哀しみの感情がありました。

数年、長い間向き合ったゲームなんです。
懐かしのゲームを引っ張り出して「あぁ、久しぶりにやろう」の繰り返しで数年経つのと違い、時間があったらログインして…と。
言葉通りに、数年遊んだゲームなんです。

それが、このように終わりました。
少しだけですが、「残念だったな」という思いもありました。

けれど、同時に「楽しかった」という素直な思いもありました。

喜怒哀楽がゴチャゴチャと混ざり、色々な言葉が溢れ出てきますが、最終的に言いたいのは。

お疲れ様でした。

その一言です。

色々な感情、言葉、思い出があるPSO2ですが、好きなゲームには違いありませんから。

スポンサーリンク

PSO2NGSに対する想い

堂々とストーリー完結したPSO2の新作です。
PSO2はサービス終了せず、新たに「PSO2 NEW GENESIS」を別に配信する形になるそうです。

続編の新作ですが、
ストーリーは「オラクルの戦いから1000年後」
という事なので、キャラクターは一新されるんでしょうね。

システムも、広大なオープンフィールドのアクションRPGに変わるので、爽快感はかなり上がるでしょう。

サトミとしては…楽しみであり、不安でもあります。
現在のPSO2は、かなりの不満を抱えてます。
システムしかり、運営しかりと。

NGSは、恐らく今まで引退してた人も戻ってくるでしょう。
その多くは、

・システムの大幅変更で遊びやすくなったかな?
・PSO2だとアレはク○だったけど、良くなってるかな?
・スタッフ変わった?てか変えたよな?変えろ

などの悩み、不満を持っているのです。
なので、スタートダッシュが肝心。
1歩目が上手く行かないと、入ってくる新規と共にすぐさま居なくなり、過疎ってしまいます。

過疎るといっても、今現在色々な意味で限界なPSO2よりは多い人口でしょうけど。
それでも、やっぱり新規・復帰共に集まり、楽しくやりたいので、期待しています。

そんなNGSは2021年にサービス開始予定との事。
PSO2と違って、今度こそは、サービス開始初期からプレイしようと思います。

スポンサーリンク

まとめ

・ストーリーは全体を通してアレだった
・PSO2は、なんだかんだ言って思い出深い好きなゲーム
・NGSは期待と不安でいっぱい

メインストーリーは終わっても、PSO2自体は終わってません。
まだ新クラスであり、最後のクラスである「ラスター」も残ってますしね。

あと、エピローグ。
ついでにサブストーリー追加も待ってますよ運営さん。
特に青髪3人娘のストーリーをね!
(イオストラトスリュドミラ)

グチャグチャな感情のまま記事を執筆しましたが、PSO2に対して「好きな感情」はホンモノです!
PSO2、愛してる!!

以上、サトミでした!

created by Rinker
¥3,080(2020/09/25 08:33:18時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク