【真・女神転生3 リマスター】プレイ感想 好きな名作だけど不満点が目立った【ネタバレ】

人修羅はATLASで最強の主人公だと思う。
どうも、サトミです。

発表されてから待ちに待った思い出の名作。
【真・女神転生Ⅲ】

ワクワクを胸に抱いて、いざプレイ!
したんですが…。
色々と不満点が目立ちました。

別のリマスター作品の感想記事でも言いましたが、
なんでHDリマスターって不具合とか不満点とか目立つんでしょうかね。

それと最初に言っておきますが、
今作を含めてATLASのゲームは全部好きです。
自他ともに認めるATLAS厨のサトミです。

なので不満点などは、
期待しすぎたタダの懐古厨の独り言、と流してください。

では以下、感想。

掲載画像はすべて ©ATLUS ©SEGA

スポンサーリンク

真・女神転生3 プレイ感想

まず一言。

こんなやりにくいゲームだったっけ?

思い出は美化されると言いますよね。
それは正しかったかもしれません。

今作の良い所と悪い所。

・ムービー以外のグラフィックが美麗になった
・メインストーリーでフルボイス(これは微妙。理由は後述)
・合間のロードがストレス
・特定部分で微妙なラグやモッサリ感が目立つ
・音質が悪すぎる

・ただの移植

今作の評価をまとめて言うなら、
ただ映像を綺麗に手直しして声を付けただけ。

名前の通り、HDリマスターです。
リメイクではなく、リマスター。

ちょっとやりにくい操作面などはそのまま。

細かい不満点は下記。

不満点・悪い所

上記の悪い所を細かく。

・合間のロードがストレス
・特定部分で微妙なラグやモッサリ感が目立つ

ステータス画面やマガタマを確認するとき、一瞬より少し長いくらいの時間が止まります。

そして1番酷いのは悪魔合体の時。
悪魔を選ぶ時とステータスを開く時が1番酷い。
明らかに止まったり、カーソルがモッサリしたり。
なので焦ってボタン連打して、間違えて、という繰り返しをしてしまう。

ついでに言うなら、
悪魔合体の確認の時、デフォルトで「いいえ」になってるのはイラッとした。
頻繁に行う操作なのでどうにかしてほしかった。

・音質が悪すぎる

真・女神転生3の戦闘BGMは率直に言って神。
サントラを買ったくらい好きです。

なのに、音質が酷かった。
PS2のサウンドをそのまま持ってきたんですかね?
サントラだとあんなに高音質なのに…。

せっかくのリマスターですから、サントラの音質に入れ替えたりすれば良かったのに。
なんて思いました。
大人の事情ですかね?

・ただの移植

 

上記で述べたことを含めて、
PS2の内容をそのままPS4/switchに持ってきただけ。

グラフィックが美麗に!
と言いましたが、ムービーシーンはPS2そのままの画質でした。

HDリマスターなら、全部をHDリマスターして欲しかったです。

純粋なプレイ感想

つらつらと悪い部分を書きましたが、結局はメガテン大好きですから楽しかったです。

とはいえ、
マニアクスを過去に何時間も遊びましたので、やったルートはアマラENDだけ。

複数あるエンディングの中で1番メガテンらしいルートですしね。

プレイ時間は約30時間ほど。
そのうち5時間くらいはマガタマ集めに必要なミニゲームに費やしてました。
アマラENDの行き方は朧気ながら覚えてたのに、ミニゲームの攻略ルートはまったくでした。

無事にマガタマを全部集めましたが、混沌王に必要なマガタマ全開放はさすがに時間がね。

全部集めた後に貰えるマサカドゥス(万能以外無効)ってチートだなって改めて思いましたが、
ルシファー戦ハードで余裕こいてると普通にゲームオーバーする。

そしてライドウ。
めっちゃ強かった。
多分最強パーティーに入るメンバーだと思う。

サトミが過去にやったのはマニアクスなので、仲魔になったのはダンテの方。
そしてダンテは貫通持ってなかったのに、ライドウが倍率スキルのおまけで持ってるという最強っぷり。
リマスターのDLCで追加出来るダンテは貫通もったらしい

今作の魅力ってライドウの美麗グラフィックだとサトミは思ってる。
実質ライドウの新作じゃない?(錯乱)

そしてライドウとの鬼ごっこは怖かった。
青鬼やってる気分だったわ。

・ボイスについて

今回の良い所、として上げましたが…。

正直言うなら女神転生にボイスって要らないと思います。
なんというか、世界観と合わないような。
独特な不気味な世界観にキャラクターボイスは要らないというか、上手くいえん。

実際、今作のキャラとボイスって微妙に合わなかったような気が。
一人だけイメージとピッタリだと思ったキャラが居ますが、どこの引きこもりだとかは言いません。

そして一人だけイメージと絶望的に合わなかったキャラが居ますが、どこの先生とかは言いません。
その声優さんは喪服の淑女も担当したみたいですが、そっちは合ってました。
というか好き。成功。優勝。

最後に今作の癒やし枠
圧倒的にピクシーとジャアクフロストでした。

絶望的に産廃した世界で何度ピクシーに癒やされたことか。
そして途中で出会うジャアクフロスト。
元はただのジャックフロストだったのに、
途中でグレてジャアクフロストになり、後に仲魔になったシーンは息子の反抗期を微笑ましく見守るような気分でした。
(20代独身)

まとめ

懐古厨がだらだらと書きました。
勘違いしてほしくないのですが、大きな期待をしすぎただけです。

初めて真・女神転生3をプレイする!
という人に充分オススメできる作品なので安心してください。
普通に面白くて名作。

バッドな評価をしているのは殆どサトミみたいな懐古厨なので、あまり気にせず買ってプレイしてください。

さて、次に待つのは正真正銘ライドウのリメイク作品ですね。
真・女神転生3が出た以上、有り得ない話ではないので期待しちゃいます。
生きている間に出てくれ!

以上、サトミでした!

created by Rinker
アトラス
¥4,500(2020/12/05 00:11:31時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク